でん太くん

オーラルフレイルってご存知ですか?

”昔から人は足から老いる”と耳にします。
階段の上り下りがきつく感じて老いを感じる方も多いと思いますが、最近では”人は口から老いる”と言われ始めています。 これは近年注目され始めた「オーラルフレイル」という新しい概念です。

オーラルフレイルとは

オーラル(oral):口を使って行うこと。
フレイル(frail):高齢になることで筋力や精神面が衰える状態。

つまり「歯・口の機能の虚弱」ということです。
これらの概念は東京大学高齢社会総合研究機構の辻哲夫特任教授、 飯島勝矢教授らによる大規模健康調査(縦断追跡コホート研究)等の厚生労働化学研究によって示され、 この研究をきっかけに様々な検討が進められています。

老化の始まりを示すサイン

食事でよく食べこぼすようになった、固いものが噛めなくなりむせることも増えた。 さらに活舌も悪くなったようだ・・。

ささいな口のトラブルですが、こうした状態が続くようであれば、 それは歯や口の働きの軽微な衰え、つまり”オーラルフレイル”の可能性があります。

これらオーラルフレイルの症状は”老化の始まりを示すサイン”として注目されるようになってきました。
健康と要介護の間には、筋力や心身の活力が低下する”フレイル”と呼ばれる中間的な段階があるとされています。
その手前にある前フレイル期にオーラルフレイルの症状は現れます。

フレイル段階図

このオーラルフレイルは可逆的であることが大きな特徴の一つです。
つまり早めに気づき適切な対応をすることでより健康に近づきます。

フレイルから続く要介護状態に陥ることなく、健やかで自立した暮らしを長く保つためには、 この段階で早く気づき、予防や改善に努力することが重要であるということが分かってきました。

「歯や口の働き」に注目しましょう

歯や口にはそれぞれ本来持っている多くの「働き」ありますが、 それは専門的には「口腔機能」(こうくうきのう)と呼ばれています。

それは大きく分けると、「食べること」(噛む、すりつぶす、飲み込む、味わう)と、 「話すこと」(発音、会話、歌う)ですが、「感情表現」(笑う、怒る)や「呼吸」なども含みます。

例えば、加齢により噛む力が低下すると食事がのどに詰まりやすくなり、 またもし飲み込む力が衰えるとお茶や汁ものでむせやすくなります。
唾液の分泌が低下すると、虫歯、歯周病が進行し、口臭もひどくなります。

オーラルフレイルはこうした口腔機能の軽微な衰えを示していますが、 筋肉や心身の活力低下(フレイル)の初期症状とも考えられ、老化の最初のサインでもあるのです。

健康寿命を延ばすために

口腔機能が衰えると、話すことが減るだけでなく、 栄養状態の悪化で筋肉がやせ、体力が低下して外にでかけることも少なくなってしまいます。

つまり歯や口の働きは、「社会とつながる」ための重要な役割を担っていることがわかります。
高齢者が「社会とのつながり」を失うと、まるでドミノ倒しのように心身の活力が弱まり、 要介護になっていくことが明らかになってきました。

こうした事実から、食卓を囲み食事すること、仕事でも趣味でもボランティアでも、 楽しく会話したり体を動かすこと、つまり「口腔機能」に関心を持って、 「社会とのつながり」も維持すること、そうしたことが要介護になりにくい体となり、健康寿命を延ばす”コツ”と考えられるようになってきました。

歯周病や虫歯などで歯を失った際には適切な処置を受けることはもちろん、 定期的に歯や口の健康状態をかかりつけの歯科医師に診てもらい、 歯のクリーニングをして健康なお口の状態を保つことが健康寿命へとつながります。

健康長寿を伸ばすコツ