でん太くん

歯科医師会に入会していない歯科医院があるのをご存知ですか?

播磨歯科医師会は、当ホームページの会長の「ご挨拶」で述べておりますように、

  1. 各市町の協力の下、乳幼児には一歳半、三歳児健診、保育園、 幼稚園、小中高等学校児童生徒には歯科健診、口腔衛生啓発教育
  2. 事業所健診、節目健診としての歯周疾患検診、在宅寝たきり高齢者歯科訪問診療、介護・福祉事業者への 口腔ケア指導
  3. 11月8日の「いい歯の日」前後の休日に「いい歯いきいき健康フェア」を開催
  4. 加古川歯科保健センターでは、加古川中央市民病院((旧)加古川西市民病院と(旧)加古川東市民病院の統合病院)や、神戸大学医学部附属病院と連携して障がい児者の歯科治療
  5. また、同所では歯科保健相談のほか、地域の障がい者施設に対して口腔保健指導、日曜祝日、年末年始、お盆には応急処置のための休日歯科診療
  6. 安心、安全に歯科治療を受けて頂けるよう様々な会員研修

など、「口から始まる健康づくり」を合い言葉に、地域の皆様の「お口の健康」に少しでも寄与すべく活動しています。

 

歯科医師会の活動の根源は、昭和23年に制定された歯科医師法第1章第1条「歯科医師は歯科医療及び保健指導をつかさどることによって、 公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」という条文にあります。

 

また、会として活動している理由は、「組織を作ることによって分業が機能して、個人では決して出来ない結果が出せる」からです。

 

こういった至極当然と考えている私たちのスタイルを無視された歯科医師(医院)が、当該地区に18軒(平成23年7月現在)おられることは、残念でなりません。

 

歯科医師会に入会していないことに対して、「何事も個人の自由とはいえ歯科医師として協調性がなさすぎるのではないか」と言う会員もいらっしゃいます。

 

今後、当歯科医師会にご入会され、私たちと共に、公衆衛生特に、地域住民への口腔衛生の向上に積極的に活動されることを期待しているところであります。

 

なお、播磨歯科医師会の会員は、当ホームページでもご確認できますし、各歯科医院の玄関に貼ってある下記の「でん太」のステッカーが目印です。

でん太くん